プラグインtinymceテンプレートの使い方と設定方法!

WordPress

ブログの記事作成にすごく役立つプラグイン「TinyMCE Templates」の設定と使い方をご説明します。

 

ひとつずつ図解で説明していきますので、一緒にやってみて下さい★

 

TinyMCE Templatesをインストール

ダッシュボードのメニューから「プラグイン」を選び「新規追加」をクリックします。

 

検索窓に「TinyMCE Templates」と入力すると、プラグインが出てきますので「今すぐインストール」をクリックします。

 

そして「有効化」にします。

 

「TinyMCE Templates」を有効化にすると、プラグイン一覧とメニューの所にテンプレートが追加されます。

 

これでテンプレートの準備が整いました!

これからブログ記事作成を効率よくするように、いくつかテンプレートを作っておきましょう。

 

テンプレートの登録方法と使い方を説明しますね★

 

TinyMCEテンプレートの使い方

ダッシュボードのメニューから「テンプレート」を選び「新規追加」をクリックします。

 

するとエディター画面になります。

 

例えば、よく使う表があるならそれを登録していたり、文章のひな形なんかも便利で良いですよ。

(1)タイトルの部分は、何のテンプレートなのか自分でわかりやすい名前を付けましょう。

 

(2)この画像ではわかりやすいようにテキストしていますが、普段はビジュアル画面で入力しています。

人によると思いますが、ビジュアル画面のほうがわかりやすので、実際にテンプレートを作成するときはビジュアル画面で作ってみて下さい。

 

(3)私はショートコードにはしていません。絶対に修正しない内容ならショートコードで良いですが、ひな形などのテンプレートなら「いいえ」を選んでおくと便利です。

 

(4)公開と書いていますが、保存のことです。

あとから修正もできますので、問題がなければ「公開」をクリックして保存しましょう。

 

保存したTinyMCEテンプレートの修正方法

テンプレートを作ったけど、追加したいまたは削除したい内容があるとき、簡単に修正できます。

 

ダッシュボードの「メニュー」から「テンプレート」をクリックします。

すると、このように作ったテンプレートが保存されています。

「編集」をクリックすると、さっきと同じエディター画面になるので、修正をして下さい。

 

修正できれば「公開」をクリックして保存します。

 

TinyMCEテンプレートの使い方

このTinyMCEテンプレートは、記事を書いているときすぐ呼び出すことができます。

実際に使ってみましょう★

 

愛のブログはcocoonを使っています。この画像は、記事を書く画面です。

 

「テンプレートを挿入」という項目が出てくるので、クリックします。

 

すると、テンプレート機能が出てきます。

(1)使いたいテンプレートを選びます。

(2)「テンプレートを挿入」で反映されます。

 

実際に反映された状態です。

 

ねっ!めっちゃ便利な機能でしょ(*´艸`*)♪

しかも簡単です。

 

レビュー用のひな形とか、クロージング用のひな形とか、記事内容に合わせたテンプレートなど作っていれば、迷わず記事を書くことができるので便利ですよ~♪

 

ということで「TinyMCEテンプレート」のインストールから使い方までの説明は以上で終わります★

 

コメント